地方の人は知らないですが神戸牛でなく神戸ビーフで有名です

神戸牛は全国で三大和牛(三重県の松阪牛、滋賀県の近江牛、山形県の米沢牛)の1つのブランドと言われています。兵庫県北部の日本海側の但馬牛を言いますが近年はブランド肉の「神戸ビーフ」と言われ地方の人は知らないために神戸牛と言っています。またステーキにすれば美味しい事は国内では有名ですが海外への発信がない事から知られていません。
しかし海外のオーストラリアでは和牛を飼育して肉を輸出しています。先を越された感じはしますが神戸ビーフが東南アジアを拠点にして、どのように販路を伸ばすことが見ものとなっている牛肉の売れ行きです。その背景を考えますと我が国の黒毛和牛が、どれほど美味しいという事が判ります。
オーストラリア産の牛肉は安い事から食品業界でも使用されている肉牛ですので我が国の食卓や食堂で出される牛肉は輸入品を使用しています。偶には焼き肉専門店で高価ですが神戸ビーフを味わい肉質の違いを他の肉と比較しても良いと思います。

関西人としても日本人としてもとても誇らしくなる神戸牛について

みなさんは、牛肉がお好きでいらっしゃいますか?ステーキとか焼肉とかしゃぶしゃぶとか、牛肉にはいろいろな食べ方がありますが、どんな食べ方が一番お好きでいらっしゃいますか?牛肉にはいろいろなブランドがあるようですけれども、お気に入りのブランドって何かありますか?

そういう私はどうなのかと言いますと、お肉の中で最も好きなのは牛肉なので、食べる機会もかなりあるほうなんです。
牛肉を使った料理だったら何でも好きなんですが、最も好きな食べ方はというと、やっぱりステーキでしょうか。

お気に入りのブランドはというと、神戸牛がダントツの一位なんです。私は関西に住んでいるんですが、そのためなのか、神戸牛の存在は関西人としても日本人としてもとても誇らしくなるんですよね。
と言っても、神戸牛は超高級ですので、私のような庶民には、めったなことでは口にすることができないんですけれどもね。だからこそ、特別なときに食べるものなんです。

神戸牛というのは、日本三大和牛のひとつなんですけれども、神戸という地名がつくので、神戸牛 = 神戸で育った牛のお肉とか、神戸で買える牛肉などと思っている人もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

実は神戸牛は、但馬牛という黒毛和種の一種なんですけれども、すべての但馬牛が神戸牛というわけではないんです。ものすごく厳しい基準をクリアしないと神戸牛と名乗ることはできなくて、最高の品質と認められたごくごく一部の但馬牛だけに許されているブランドなんです。エリート中のエリート、王様の中の王様ってイメージでしょうか。
スーパーマーケットで売っている普通の生のお肉って、見ても何とも思いませんよね。でも、神戸牛は全然違うんですよ。一種の芸術作品のようで、見ているだけでため息が出てしまうぐらいキレイなんですよ。

本格的な神戸牛を自宅で味わう方法とは

本格的な神戸牛を自宅で味わうには通販サイトをうまく活用する方法が便利であり、様々な名店のメニューを味わうと効果的です。神戸牛は比較的上質な肉を使用しているために、他では味わえない味を堪能できます。
神戸牛を楽しく味わうにはステーキやすき焼きなど様々な方法があるために、好みに合わせて自分なりの楽しみ方を考える方法が効果的です。通販サイトをうまく活用することで通常の価格よりも安く販売しているために、レストランで味わう方法と比較して安く味わえることが魅力です。
本格的な神戸牛を味わうには通販サイトを活用し様々な種類の中から比較して選ぶ方法が望ましく、様々な部位ごとの特徴を比較してから選ぶと効果的です。神戸牛はブランド牛であるために人気が高く、本場のレストランで味わうためには多くのお金がかかるものです。
自宅で本格的な神戸牛を安く味わうためには通販サイトでセールを活用し、キャンペーンなどを有意義に活用する方法が便利です。